カテゴリー:販売士1級勉強法

  • 販売士1級の難易度が高い!と感じている人の原因と改善策

    販売士1級の合格率は例年10%~20%くらいと販売士2級3級に比べると難易度が高くなっていますが、必死に勉強しても合格できないほど難易度が高い試験ではありません。販売士1級の難易度が高い!と感じている人の中にはいくつかの…
  • 販売士1級の難易度は世間で言われているほど高くない!

    販売士1級の合格率は10%~20%と2級3級に比べると極端に合格率が低くなります。勉強内容も難解な用語が多く、試験も記述式ということもあって「販売士1級の難易度は高い!」と感じる人が多いようです。 [toc] 販…
  • 販売士1級はハンドブック無しで合格できる?

    販売士1級はハンドブックから70%以上出題されるとはいえ、ソコソコ良い値段です。受験生の中にはハンドブックなしで受験しようと考えている人もいると思います。 (さらに…)…
  • 販売士1級のテキストは中古はダメ!古本がダメな理由

    ヤフオクなどで販売士1級のハンドブックが売っていますが私はオススメしません。 [toc] 販売士1級の古本をオススメしない理由 販売士ハンドブックが高いということもあって、ヤフオクなどで販売士ハンドブックを探す…
  • 販売士1級の過去問題が無い場合の対応策

    販売士2級3級の過去問題は売っていますが、販売士1級の過去問題は売っていません。試験傾向を掴むために過去問題が欲しいところですが、売っていないのであれば仕方ありません。 販売士1級の過去問題はハンドブックに1回分のみ付…

ピックアップ記事

  1. 繰延資産とは 繰延資産の具体例と解説

    繰延資産について、貸借対照表原則、一Dで次のように規定しています。 (さらに…)…
  2. 不確実性プールの原理について具体的に説明します。

    不確実性プールの原理(集中貯蔵の原理)とは消費者志向の変化など外部環境の変動に備えてすべての小売店が…
  3. ライン組織の図解と長所と短所

    ライン組織は最も普遍的に採用される組織であり、指令系統一元化の原則と統制範囲の原則を中心に考える最も…
ページ上部へ戻る