カテゴリー:解説集

  • アコーディオン理論の解説とポイント

    アコーディング理論について具体例などを用いて説明します。 アコーディオン理論とは アコーディオン理論とはSCホランダーが提唱した理論で、品ぞろえの専門化した小売店と総合化した小売店が交互に出現するという理論のことです…
  • 小売の輪の理論の解説とポイント

    小売の輪の理論について、具体例などを用いて解説します。 小売の輪の理論とは 小売の輪の理論とは、1958年にMPマクネアによる理論で、新しい革新的な小売業は一般的に最初は消費者に対して低価格を訴求することで数多くの顧…
  • 販売士3級の損益計算書の解き方とコツを解説

    販売士検定試験の受験者の多くが不得意とする計算問題。販売士検定試験では必ず経営分析や損益計算書の穴埋め問題が出題されます。受験者はこれらの問題を避けてしまう傾向にありますが、よく読んでみると意外に簡単です。必ず出題される…
  • 損益計算書ですべての費用を計上しない理由

    当期に仕入れた商品のうち、当期売れ残ってしまった場合には、当期の費用に計上することができません。以下の理由などにより、当期の費用として認識していません。このページは、どうしてすべての費用を計上しないのかを説明していますが…
  • 売価値入率と原価値入率の解説

    販売士3級の科目の中でも苦手な人が多い売価値入率と原価値入率についてできる限りわかりやすく解説しています。 (さらに…)…

ピックアップ記事

  1. レギュラーチェーンとボランタリーチェーンの違い

    レギュラーチェーンとボランタリーチェーンを混同する人が多いですが、両者は全く異なる組織形態です。 (…
  2. なぜ減価償却によって適正な期間損益計算ができるのか

    減価償却が適正な期間損益計算を行うために必要であるという理由を説明します。 (さらに……
  3. 不確実性プールの原理について具体的に説明します。

    不確実性プールの原理(集中貯蔵の原理)とは消費者志向の変化など外部環境の変動に備えてすべての小売店が…
ページ上部へ戻る