勉強が苦手な人でも販売士3級は合格できます!

勉強が苦手で販売士のような資格試験を受験しようか悩んでいる人は多いと思います。販売士は勉強が苦手な人でも合格できる資格試験です。

販売士3級の実際の合格率は80%!真面目に勉強すれば合格できる!

販売士の合格率は「販売士の合格率」でまとめている通り3級は50%くらいです。ただし、これは「販売士の合格率の実態」でも書いている通り、実際の合格率とは違います。私の経験上では販売士3級の合格率は真面目に勉強すれば80%以上で、実際には殆どの人が販売士3級に合格しています。なにも特別な勉強をしたわけではなく、当たり前の事を少しずつ勉強すれば誰でも合格できるのが販売士3級試験です。

本当?

と思うかもしれませんが、本当です。

販売士3級の合格に苦手もヘッタクレもない!

販売士3級の実際の合格率は80%以上です。10人受験したら8人が合格します。私の経験上では、殆どの受験生が資格試験の勉強に対して不安などを抱いていますが、販売士3級の合格に勉強の苦手も何もありません。販売士3級では勉強が苦手とかいう高いレベルの問題が出るのではなく、もっと基本的な事が出題されます。販売の仕事をするにあたって基本的な事を理解しているかどうかを問うのが販売士3級試験で、勉強の苦手意識が合否を左右するような試験ではありません。

私も最初は勉強が苦手で不安でした。

私も販売士3級を受験しようと思ったときは、勉強に対して苦手意識を持っていて合格できるか不安でした。当時の私は勉強なんてあまりしてきた経験がなかったので、資格なんて合格できるのかな、と思った記憶があります。大学も偏差値が高くないところですしね。そのような私でも販売士3級に合格できました。

それに販売士3級に合格できると何だか少し自信が出ますよ。私は販売士3級に合格したとき嬉しくて「やればできるんだ」と思い、その時に販売士2級、販売士1級にチャレンジしよう!と決めました。それが今に繋がっているのだと思っています。

0




スポンサーリンク

関連記事

サイト移動に伴って各記事のSNSボタンがリセットされました。いいね等が増えると更新意欲が出るのでお願いします。

スポンサーリンク

ピックアップ記事

  1. 販売士の教科書には多くのグラフが掲載されていますが、販売士受験者の多くがグラフを見ていないためグラフ…
  2. 販売士の合格率は「販売士の合格率」でまとめている通り、販売士1級の合格率は15%前後、販売士2級の合…
  3. 販売士検定試験の受験者の多くが不得意とする計算問題。販売士検定試験では必ず経営分析や損益計算書の穴埋…

ピックアップ記事

  1. ドミナントエリア戦略のメリットとデメリット

    ドミナントエリア戦略とは、店舗を出店するときに特定の地域に集中して出店する戦略のことをいいます。 (…
  2. ライン組織の図解と長所と短所

    ライン組織は最も普遍的に採用される組織であり、指令系統一元化の原則と統制範囲の原則を中心に考える最も…
  3. 繰延資産とは 繰延資産の具体例と解説

    繰延資産について、貸借対照表原則、一Dで次のように規定しています。 (さらに…)…
ページ上部へ戻る