アコーディオン理論の解説とポイント

アコーディング理論について具体例などを用いて説明します。

アコーディオン理論とは

アコーディオン理論とはSCホランダーが提唱した理論で、品ぞろえの専門化した小売店と総合化した小売店が交互に出現するという理論のことです。

専門店が流行ると次は総合スーパーや百貨店が流行り、次に専門店が流行るようになるという理論です。1980年代はダイエーなどの総合スーパーの勢いが良かったものの、次第に総合スーパーの業績が低迷し、専門店を集めたショッピングセンターなどの人気が高まりました。

アコーディオン理論のポイント

アコーディオン理論のポイントは次の通りです。

  • 品ぞろえの専門化・総合化のサイクル
  • SCホランダー
  • 最近は専門化と総合化が同時並行している。




スポンサーリンク

関連記事

サイト移動に伴って各記事のSNSボタンがリセットされました。いいね等が増えると更新意欲が出るのでお願いします。

スポンサーリンク

ピックアップ記事

  1. 販売士の合格率は「販売士の合格率」でまとめている通り、販売士1級の合格率は15%前後、販売士2級の合…
  2. 販売士は流通業界で唯一の公的資格として一定の評価を得ています。 (さらに…)…
  3. 販売士の合格率は1級が約15%、2級3級が約60%ですが、私の経験でいえば正しい勉強法であればもっと…

ピックアップ記事

  1. 繰延資産とは 繰延資産の具体例と解説

    繰延資産について、貸借対照表原則、一Dで次のように規定しています。 (さらに…)…
  2. 取引数量最小化の原理 卸売業者がいる場合といない場合

    取引数量最小化の原理(取引総数単純化の原理)とは、取引企業が多くなると中間に卸売業が介在することによ…
  3. 経営組織と組織原則 ライン組織やファンクショナル組織、事業部制組織など

    経営組織には、ライン組織、ファンクショナル組織、ラインアンドスタッフ組織、事業部制組織、マトリックス…
ページ上部へ戻る